株式会社ブレーンパワー
会社概要 サイトマップ お問い合わせ 個人情報保護方針
Good Job, Good Life お仕事をお探しの方へ 企業のご担当者様へ 会社情報 Special Contents
お仕事・キャリアのこと、知りたい、話したい。
適職探しゲーム
お仕事マナー講座
お仕事悩み教室
登録スタッフの声
資格紹介
登録からお仕事のご紹介まで
登録から就業開始までの流れがわかります。
登録からお仕事のご紹介まで
エントリーする
お仕事メールマガジン
フリーダイヤル 0120-106860 登録ハロー
Do you know manners?
お仕事マナー講座
正しいマナーを身に付けましょう。
Page1 Page2 Page3 Page4
ホーム > お仕事マナー講座
4th Lesson 名刺交換のマナー お客様や取引先の方と会うときにまず行うのが、名刺交換。
名刺交換がきちんとできることは、社会人の基本です。
しかし意外と自己流で行ってしまう事ってありませんか?
正しい名刺交換の仕方をもう一度押さえておきましょう。
差し出し方
着席していても、名刺の交換は必ず立ち上がってするのがマナー。 目下の者から先に名刺を差し出します。訪問先では、訪問者側が先に差し出すのが基本ですが、訪問者が明らかに目上の場合は、訪ねられた側から差し出しましょう。

右手で名刺の端を軽く持ち、相手の胸より下の位置で手渡します。
相手が読めるように、相手側の向きにして差し出し、右手で持って左手は軽く添えて、 社名や氏名を名乗りながら差し出します。この際、左手を添えて両手で差し出すとより丁寧です。

片手でも丁寧に姿勢良く受け渡せば失礼にはなりません。名刺を渡しながら「宜しくお願い致します」と言い、自分の社名や状況に応じては部課名、そして氏名を名乗ればいっそう丁寧でよい印象を与える事ができます。

もし先に目上の人に先に名刺出されてしまった場合、「遅れまして申し訳ございません」と断って受け取り、すぐに自分の名刺を差し出します。

同格の者同士が名刺を同時に出した場合は、右手で差し出し、左手で受け取るようにします。
他社・先方をを訪問した際には、「お邪魔致します」という意味合いから、訪問した側から先に差し出します。訪問者が明らかに目上の人であったら訪問された側が先に差し出すようにします。

※ポイント:その日の状況を想定し、名刺入れには名刺を常に補充しておきましょう。名刺入れも相手に見られます。センスのよいものを選びましょう。

受け取り方
名刺を受け取る時は、まず、左手で受けて右手を添えます。
その際、「頂戴いたします」とお礼を述べて一礼します。
まずは内容を必ず確認します。名前の読み方がわからなければ、必ずその場で聞きましょう。聞いても失礼にはなりません。

名刺交換のあと、受け取った名刺を名刺入れの上、またはテーブルの上に置いて確認しながら話をしてもかまいません。その後、放置したままでは失礼になるので、タイミンングを見計らい、名刺入れにしまいます。

マナー講座トップへ戻る
Page Top
経営理念・沿革 社長挨拶 会社概要
Copyright(C) 2006 Brain-Power Co,. Ltd. All Rights Reserved.